インナーの必要性を感じるとき   no comments

Posted at 2:44 am in

わたしは数年前からゴルフを楽しくプレイしています。年齢は今、39歳になります。平日が休みなので安くプレイできること、そして自宅周辺にたくさんゴルフ場もゴルフ練習場もあることから、最近ではラウンドが毎月3回、ゴルフ練習場通いが毎週といったペースになっています。もちろん、このペースは1年中かわることのないものです。ですからプレイベートでの洋服もどうしてもゴルフウェアが中心になります。何しろ、休日のほとんどをゴルフ場かゴルフ練習場で過ごしているわけですから。ですから、洋服を購入する際は、プライベートでも着こなすことができるようなゴルフウェアを選ぶようにしています。特に秋冬物はその傾向が強くなります。ゴルフを始めた頃は単に、ポロシャツとスラックス、秋冬もアウターといったシンプルなスタイルで楽しんでいましたが、夏場の日焼けがとても気になりだして、インナーを購入するようになったのです。

もともと、家内がテニスでインナーを上下ともに着用していてどんなものか知っていたのですが、とにかくきつそうでしめつけられていやだなと思っていました。ところが家内に試しに1着購入してもらったものを着用してみてびっくり。とにかく、「きつい」「しめつけられる」というよりも「心地よい」という感覚の方が強かったからです。早速、真夏のゴルフに使ってみましたがまず何よりも効果があったのが日焼けしなかったこと、そして次に汗の吸引が抜群であったため、不快な感覚を覚えなかったことの2点です。まずは黒のインナーのみでしたが、前述のとおり、しょっちゅうゴルフ場に行くため、ポロシャツに合わせて白のインナーも購入しました。そして、冬場になりますと、汗の吸引という効能よりも保温も重要になります。いろいろなメーカーから同様の効果を期待するインナーが出ていましたがわたしが気に入っているスポーツメーカーの商品を購入しました。この時は上半身のみでしたが、最近、下半身のインナーも購入しました。これも非常に保温性が高いことと、体に締りを覚えることができ、運動能力をアップさせているような感覚を覚えるほどです。最近では通常のプライベートでもこういったインナーを常に着用するという習慣が付いています。

適度なこの締め付け感がないとなんとなく、体がゆるんでしまったような感覚に陥るものですから不思議です。これからも1年を通じてお世話になることになります。

Written by admin on 2月 1st, 2013